2015年9月16日水曜日

【モグラ?】八曜日の答えがでた!?【モルモット?】

全く反響がなかった
ミャンマーの文化である八曜日
Burmese Zodiac Animal Signs
whats-your-sign.comより画像拝借

八曜日はミャンマー人にとって
本当に大切な生活に根付いた文化なのに…

そこで調べまくりました(ネットで
モルモットは南米産なので
ヨーロッパやアジアに伝わるにも
コロンブスの時代以降だろうから
八曜日にモルモットがいるのはやはり不自然

そこでやはりモグラなのではと思いつつも
ミャンマーの寺院にある守護動物の像を探してみました
が、
あまりにもデフォルメされており
ネズミと区別することすら難しい
あまり期待できないので
ここはやはり文献を調べないといけません



まずは
八曜日なので
8 days myanmarで検索

ずらりとミャンマーの美人モデルの画像が大量に表示される…
8 Daysというミャンマーの雑誌の画像でした…

色々と検索してみても
ほぼモルモット(GUINEA PIG)で統一されておりました

段々と
別にここまでムキになって調べる必要もないのでは
そう思い始めた矢先に
モグラネズミというキーワードが目に飛び込んできた
その動物はミャンマーにいるのか
それも検索したところ
いました!!!
もしかして
この動物なのでは????
先生!もしかしてこの動物ですか?
と聞こうと思ったら
なぜか先生の方から
あ、ニシガイトさん
親に聞いたのですが
やはりモルモットですね
といって写真を見せてくれた
もちろんそこにはモルモットの画像
まぁ、その画像を見た瞬間に
すべてのやる気がどこかに吹っ飛んでしましました

この動物、土の中で生活しています!!

え!モルモットが土の中で生活!?
その言葉を聞いた瞬間に
どこかへ行ったやる気がブーメランのように戻ってきました

モルモット 土の中 検索

検索結果が出た瞬間
またしてもやる気はどこかへ飛んで行きました

タイ王国も八曜日がありますが
タイではどちらかというと
守護動物より仏像が8体(9体)ですよね
調べてみるとタイの方ではモグラと書いてある

そもそもガルーダやナーガの時点で
インド発祥のものだとわかるので
インドの方ではどうだろうと
最後のやる気をふりしぼり検索
多すぎです…
八曜日どころではありませんでした
さすがインド!!

というわけで
もうモグラだろうとモルモットだろうと
どちらでもいいです
だってミャンマー人自体がわからないものを
日本人が調べようにもできませんから(笑


今後も応援よろしくお願いします


にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

ミャンマー語を学ぶなら(もちろん)
日本一人気の高田馬場ミャンマー語教室で!!

通常授業料を6,000円(1回1,500円)にてご提供
無料体験レッスン&教室見学はいつでも受け付けています。

詳しくは下記ウェブサイトにて

http://ミャンマー語.jp

2 件のコメント:

  1. 本来はモグラだったのが、モグラは縁起の悪い動物なので、
    モルモットに変更されたっていうような話を聞きました。

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。
      モグラって縁起が悪い動物だったんですね。
      知りませんでした。

      削除